LINEブロックを解除する占い師

元カレからLINEが来る方法【連絡をもらうための7つの具体策】

元彼からLINEが来る方法

 

『元カレからLINEがほしいな…期待しちゃう』

『でも自分から送るのはイヤだし、自然な形で連絡を取り合いたい…』

『彼はもうわたしに興味ないのかな』

 

こういった悩みにお答えしますね。

 

元カレと復縁したいと考えたとき、やっぱりネックになってくるのは連絡。

あっちからのLINEがあれば『連絡していいんだ』とも思えるし、こちらからLINEしやすくもなります。

 

そこでこの記事では、

元カレからLINEが来る方法』『連絡をもらう方法』を具体的にご紹介します。

 

ここにあるいずれかの方法を実践すれば、彼から連絡が入ります。

最後までご覧いただき、あなたに合った方法を採用してくださいませ。

 

元カレからLINEが来る方法【連絡をもらうための7つの具体策】

電話とメールのアイコン

 

先にちょっとだけ厳しいお話をすると、『向こうから連絡がほしい』という受け身な恋をしているうちは、復縁は厳しいです。

恋愛は「先に差し出す」という意識が必須だから。くれくれじゃダメなんですね。

 

冷却期間中でもなければ、復縁の基本は『こっちからどう連絡するか』

自分から行動しないと、事態はなかなか前に進みません。

 

…とはいえ、『LINEして無視されたら嫌だな』とか『傷つきたくない』

そういう気持ちはすっごく分かります…^^;

 

そこで、せめて最初の一通が来るかもしれない方法の出番です。

前置きはここまでにして、方法を7つご紹介していきましょう。

 

SNSでアピール【元カレの気を引く投稿を心がける】

 

SNSを介した間接的なアプローチをしてみましょう。

TwitterやFacebook、Instagramが代表ですね。

 

元彼と繋がっているアカウントがあれば、不特定多数に向けた投稿をカレが見る可能性は大いにあります。

 

このとき、気を付けたいポイントが2つ。

 

1つは、『元カレにとってどうでも良い投稿は避ける』ということ。

元カレから反応をもらおうと思ったら、元カレが興味を持つ内容じゃないと意味がありません。

 

『今日は〇〇行ってきた』とか『最近寂しいなぁ』みたいな、

あなた本位の発信をしても元カレは当たり前にスルーします。

 

こういった投稿で興味を持たれるのは、相当好きな相手か友達だけ。

 

そうではなくて、元カレの趣味や興味のあることを中心に発信しましょう。

例えば、元カレが好きなアプリを使ってみたとか、元カレの仕事に関わることを『ここがわからない』と疑問として投稿してみるとかですね。

 

そしてもう一つの注意点は、やり過ぎないことです。

 

この作戦は、言わずもがな成功率は低いです。

『元カレが反応してくれたらラッキー』くらいのもの。

 

それなのに何度もカレに向けた投稿を繰り返せば、

『こいつ、オレに構ってほしくて連投してるよね?』と思われますよね。

 

1~2回の投稿でカレから反応がなければ、それ以上繰り返しても無意味。

イタイ人になりかねません。

 

タイムラインやプロフィール変更

 

先ほどのSNS投稿と同じ話ですが、LINEの事はLINEでやるのが1番。

タイムライン投稿を繰り返せば元カレの目に留まる可能性もありますし、プロフィール画像(アイコン)の変更などはイヤでも気がつくでしょう。

 

もちろん、この場合もコツはさっきと同じ。

 

元カレが興味を持つ投稿やアイコンにしてみて、反応がなければすぐやめる。

 

逆の立場で考えればわかりますが、

興味のない人のタイムラインやアイコンなんて、そもそもまじまじと見ないですよね。

 

『あわよくば』くらいの意識から越えないようにしたいところです。

 

友達に協力してもらう

 

第三者を巻き込むと、カレと連絡をとるハードルががくんと下がります。

共通の知人がいれば…ですが。

 

たとえばカレを含んだグループを友達に作成してもらって、その中でやり取りする。

そうすれば、自然とカレ個人に連絡することもスムーズになります。

 

もしくは、友達づてに『〇〇(あなた)が寂しそうだから連絡してみたら?』なんて吹き込んでもらう。

あくまで会話の流れで自然に言ってもらえば、そこまで恥ずかしいこともないでしょう。

 

間違えたフリで連絡する【注意点あり】

 

恋愛でよくある手法ですが、間違ったフリで連絡しちゃうというものがあります。

 

ただしこれには注意点がありまして、トークの誤送信はほとんどバレます。

前後にやり取りが出てるのに、間違ってメッセージなんて不自然極まりないですよね…

 

そのため、自然に『間違っちゃった』を演出するなら、以下の2つの方法になります。

 

1・無料通話(着信履歴だけ残しておく)

2・誤送信でも通るような、意味不明の言葉によるメッセージ(「あああbkd」みたいな勝手に操作された感じ)

 

オススメは着信履歴を残すことでしょうか。

これなら、トークより間違ってかけてしまう可能性もあるし、『どうしたの?』をもらいやすいです。

 

LINEが来るおまじない

 

たかがおまじない、されどおまじない。

おまじないをした事で、急に元カレから連絡が来たという口コミも多いものです。

 

やって損する事ではないので、ダメ元で行ってみればカレから連絡があるかも?

詳しくは別の記事にまとめていますので、そちらをごらんください。

関連:※口コミで「強力すぎ」※LINEのおまじないならこれ!

 

連絡が来る待ち受け

 

世の中のすべてのものには力が宿っているとされ、とくに毎日目にする待ち受けはその恩恵を受けやすいんだとか。

探そうと思えばLINEが来る待ち受けはたくさんありますが、ここではその中でも有名な『たい焼き』の画像を置いておきます。

 

たい焼きの画像

 

●複数よりも1匹の方が効果的

●中の餡が出ていない(割れてない)ものを選ぶ

 

この2つに注意すればどんなたい焼きでも構わないそうですよ。

 

縁結び祈願【体験談あり】

 

おまじないや待ち受けに比べて遥かに強力なのは、プロによる祈願。

 

【体験談】元カレからLINEが来た簡単な方法【10分で解決】

この記事では、実際に縁結び祈願によって元カレからLINEが来た人の体験談を掲載しています。

 

詳しくはそちらをご覧頂ければと思いますが、

世の中には『祈祷師』と呼ばれる人がいまして、その人にお願いすれば元カレからLINEが来るなんて朝飯前。

 

それどころか、元カレとの復縁だって遥かに可能性が高くなります。

 

●カレがあなたをどう思っているか

●復縁できる可能性があるのか

●いつ復縁することになるのか

 

そういった部分も一緒に知りたい方は、プロの鑑定を検討してみても良いかもしれませんね。

 

元彼からLINEが来たら?【連絡をもらったらこう返そう】

元彼から連絡が来る方法

 

では、これらの方法で実際に元彼からLINEが来たときの対応を続けてご紹介しますね。

 

基本的には、以下の2点を抑えておけば失敗しないでしょう。

 

●焦らない

●内容に気を付ける

 

焦るのはダメ|いきなり距離を詰めるのはNG

 

待ちに待った元カレからのLINE。

ついつい喜んですぐに返信したくなるところですが、ここで焦るのはNG

 

こういった事はどのサイトでも言われてますが、それだけ『常識』であり『誰もができないこと』でもあります。

 

元カレからすればなんとなくあなたにLINEしただけ。

 

それなのに、『キター!!』なんて喜んですぐ返信すれば、

『うわっ、こいつどんだけ食いついてんだよ。めんどくせ…』となりますよね。

 

返信は、元カレが忘れたくらい。

具体的に言えば、少なくとも半日は時間を置いてからがベストです。

 

内容に注意|LINEはあくまできっかけに

 

そして、その返信する内容にも注意。

 

復縁においてLINEは『そのまま復縁するツール』ではなく、あくまで元カレに警戒心を解いてもらうための連絡手段。

まずは気軽に連絡を取り合えるという関係を目指すもので、それ以上でもそれ以下でもないんですね。

 

そのため、以下のようなものはゼッタイにNG

 

●長文

●重い(ネガティブな)内容

●付き合ってたときの謝罪や感謝

 

伝えたいことがたくさんあるのは分かります。

だけど、それを送っても元カレとは温度差がありますから、重く感じれられてしまうんですね。

 

もしあなたが興味のない相手から、長文でしかも暗い内容のLINEが来たらどうでしょう?

返信する気もなくなりますよね。

 

元カレとのLINEはあくまで『友達として』

「元カノとして」送ろうとするとほとんど失敗するので注意です。

 

関連:復縁したいのにLINEが盛り上がらない

 

スポンサーリンク

【100%連絡をもらうのは不可能】元カレからLINEが来る方法を実践してもダメな場合もある

干上がった大地

 

●SNSによる間接的アプローチ

●おまじないや待ち受けによる願掛け

●プロによる縁結び祈願

 

様々な方法を駆使しても、それでも連絡が来ないということもあるでしょう。

というより、SNSアピールなんてこない方が自然だったりします…^^;

 

繰り返しですが、ここで紹介した方法はあくまで『LINEが来るかも』という程度。

(あ、縁結び祈願は確率高いですけど)

 

そのため、LINEが来ないことも十分にあるんですね。

 

LINEが来ない時は素直に冷却期間だと思うべき

 

で、そういう時はどうしたらいいのかっていうと、当たり前に諦めるしかありません。

 

どんなにSNSでアプローチしても、LINEのアイコンを変えても、

見ないものは見ない。反応しないものはしない。

 

あまりやり過ぎればイタイだけっていうのは先ほどもお話したとおりで、

LINEが来ないならそれはもう冷却期間と捉え、いったんは連絡を遮断するべきです。

 

冷却期間を設けて、しっかり自分磨きをする。

元カレの中であなたへのマイナスイメージが払拭されたら、その時にはじめてあなたからLINEしましょう。

 

自信を持ってLINEすれば、今度は元カレもあなたに興味を持ちます。

 

連絡をもらうことに執着せず、違った目標を作ってそっちに集中しましょう。

その方が、生きててラクです。

 

続けて読むともっと復縁しやすくなる記事

 

以上、元カレからLINEが来る方法でした。

また、LINEが来てからの対応や無視されたときの対策について、別の記事でも詳しく解説しています。

 

読めば読むほど元カレと接近できますので、続けてこちらをごらんください。

関連記事

 

【体験談】元カレからLINEが来た簡単な方法【10分で解決】

 

『LINEしたい…』冷却期間中の連絡|ガマンする?もうしない?

 

元カレとのLINEの始め方【きっかけを作るヒント】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


いますぐカレから連絡が来ます
LINEがくる裏ワザ
いますぐカレから連絡が来ます
LINEがくる裏ワザ