LINEブロックを解除する占い師

彼氏が『うん』しか言わなくても大丈夫【一言LINEの心理と返し方】

困った顔でスマホを見る女性

 

『今日仕事だったんでしょ?お疲れさま!』

『うん』

『今日買い物しすぎちゃった。ピンチ~』

『そっか』

『でも欲しい服あるとつい買っちゃうよね』

『確かに』

『…』

 

と、こんな風に『うん』『そーなんだ』『たしかに』といった一言LINEしか送ってこない彼氏。

 

そんなに終わりにしたいの?

こっちから話題ふってばっかり…

なんて返せばいいのかわからない

 

態度の冷たさに悲しくなるし、何よりLINEしてても一人言みたいで楽しくないですよね。

この記事では、『うん』『そっか』『確かに』などに代表される一言LINEしか返さない彼氏の心理と、それに対する返し方のコツをご紹介します。

 

彼氏はもちろん、気になる男性にも同じことが言えます。

ラインを盛り上げる技術を少しでも身に付けることで、彼の気持ちを捕まえやすくなりますので、しっかりご覧くださいね。

 

『うん』しか言わない彼氏の心理5つ

スマホを操作する男性の手元

 

一言のラインが続くと、『もう冷めちゃったのかな…』と不安になるもの。

 

しかし、結論から言うと意外とそうでもない場合がありますよ。

落ち込む必要はありません。

 

『うん』や『たしかに』といったラインが続くのは、大きく分けて2つのパターンにわかれます。

 

1・ラインしたくない

2・性格によるもの

 

もう少し細かく見ていきましょう。

 

いまのあなたと彼はどれに当てはまるでしょう?

 

ラインを終わりにしたい

 

当たり前といえば当たり前ですが、一言LINEが返ってくるのは良い傾向ではありません。

それは誤魔化しようのない事実でもあります。

 

機嫌が悪いのか、そもそも気持ちが離れていってるのか、はたまた眠いのか…

理由はなんであれ、話を広げる気がないということはつまり終わりにしたいということ。

 

うんと言われれば、当然返事にも困りますし、あわよくばそのまま会話が終了することもあるでしょう。

 

前はもっと話してくれたとか、どんな状況で送っても一言しか返ってこないなら、二人の関係は危険なのかもしれません。

 

とは言っても、『ラインを終わりにしたがる』=『関係が冷めている』というのは違います。

 

『本当に、おまえとラインしたくない』

 

そのくらい嫌われているケースって、実はほとんどありません。

 

だって、本当に終わりにしたかったら無視すればいいのですから。

 

ここから先は『終わりにしたいわけじゃないけど、ちゃんと返すのもできない』という、微妙な男性心理になります。

 

ラインが苦手なタイプ

 

多くの男性はそもそもメールでのやり取りを嫌ったりするもの。

 

ラインでは冷たくても、普通に会ったら話すとか、電話ならよく話すという男性ってけっこういますよ。

 

付き合い初めはムリして返事をしていただけで、いまが素の状態になっているだけっていうこと。

 

『終わりにしたい』なんて深く考えているわけじゃなくて、ただ単にラインがめんどくさいだけなんですね。

 

もしかして、毎日まいにち、大量のラインを送ってはいませんか?

マメなやり取りができるカップルはそう多くはありません。

 

本格的に『めんどくさいやつ』って思われる前に、送る頻度を考え直してみると良いかもしれません。

 

受け身で話すことが苦手なタイプ

 

●無視するわけじゃない

●返事だけは早い

●最初は自分から送ってくることもある

●こっちが無視すると怒る

●でも『うん』

 

そんな彼氏は『ラインはしたいけど、自分から話題を広げるのが苦手』という構ってちゃんタイプかも。

 

意識してか無意識か…彼は「ラインの往復そのもの」に価値を感じていて、内容までは深く考えていないのかもしれません。

とにかくトークするのが目的っていうことです。

 

スタンプのみでやり取りができる、女性のような一面があるのかも。

と言うよりも、男性でも女性でも、一定数『一言LINE』ばかりな人っています。

 

あなたが一生懸命話題を提供してくれるものだから、自分で盛り上げようという意識がないのかもしれないですよ。

相手としては必死に相づちを打ってるつもりなんですね。

 

でも、リアルの会話とLINEは微妙に違うので、相づちだけだとテンポがおかしくなってしまいます。

 

他のことをしている

 

普通に返ってくる時もあれば、そうではない場合も。

そんな彼氏なら、ただ単にタイミングが悪いだけかもしれません。

 

例えば、スマホアプリや電子書籍。

LINEの通知があればゲームの邪魔になったりしますし、本を読んでいればいちいち閉じる必要があったりしますよね。

 

他にも、動画再生の最中、仕事、テレビゲームや読書、男友達とのLINEが忙しい、猫が鳴いていて、家族と食事していて…

LINEが疎かになるシーンなんて、家の中でも無限に思いつきます。

 

むしろ返してくれることを良しとして、少し時間を置いてみても良いかもしれませんね。

 

彼の気持ちの見極め方

 

『そうは言っても、本当はもう冷めてるんじゃないかな…不安になる』

 

本当のところは彼氏しか知らないもの。

でも、なかなか『なんでいつも一言しか返してくれないの?』と責めるわけにもいきませんよね。

悪気なくやっている可能性だって大いにあります。

 

そこで考えるべきは『会っているときの彼氏』です。

 

LINEなんて所詮はコミュニケーションツールで、向こうで何をしているか、何を考えているかはわかりません。

だからこそ、LINEだけで相手の気持ちを判断するのはやめるべきです。

 

『当たり前でしょ?』

なんて声が聞こえてきますが、現代はそれができない人が多いんですね。

 

あなたは、気がついたら『LINEが彼氏』になっていたりしませんか?

 

顔を見ても冷たくて、LINEも『うん』だけ。

そんなときは言わずもがなですが…

そうでもないなら、ただ単に性格の問題なのかも。

 

彼氏がただのLINE不精なら、多少は相手に合わせてあげるのが吉でしょう。

 

『うん』だけしか言わない彼氏へ|LINEの返し方と考え方

疲れた顔でパソコンを眺める

 

『でも、LINEでのやりとりがなかったら彼とほとんど連絡なくなるんだけど…やっぱり会えないときはトークで話したいなぁ…』

『「うん」で終わりにされたら滅多に連絡できないよ…でもなんて返したらいいのかわかんないし…』

 

そんな気持ち、わかります。

 

そこで、続けて『うん』しか言わない彼氏へのLINEの返し方や対策をお伝えします。

もちろん全てが上手く行くわけではありませんが、多少は返信率があがるかもしれませんし、2人の仲も改善出来るかも。

 

『うん』では通用しない内容にする

 

『〇〇ってどう思う?』とか、『〇〇がわかんないんだけど、教えて』といった感じで、どうしても文章が必要になる内容を考えましょう。

そもそも『うん』で対応できてしまうLINEなのも問題です。

 

『必死に考えないとトークが続かないなんてイヤだな…』って思うかもしれませんが、文章を考えることはコミュニケーションスキルも上がります。

相手に期待しないで『相手に喋らせること』を意識しましょう。

 

ただし、それでも必要最小限しか言わないとか、無視されるようならしつこくするのはNG

そのときは本当にめんどくさいと思っているか、関係にヒビが入っている事を疑いましょう。

 

興味のある話題にする

 

共通して言えるのは、少なくとも『うん』と返す彼氏は、会話に興味を持っていません。

(さっきも言った通り、嫌われてるんじゃないですよ。会話に興味がないだけです)

 

人が喋りたくなるのはやっぱり自分の事や興味のある話題です。

彼が好きなマンガや、熱中している趣味、そういった『つっつけば堰を切ったように喋る話題』というものを誰でも持っています。

 

繰り返しですが、彼氏が『うん』だけでは満足できない。もっと詳しく話したい。話したくて止まらない。

そんな話題を提供するようにしたいですね。

 

頻度を変える

 

『うん』しか言われなくなる原因は、大きく分けて2つ。

 

1・あなたがLINEしすぎている

2・相手が『トークすることだけ』にこだわっている

 

だとすると、いずれの場合も頻度が高すぎることが1つの要因です。

 

1なら彼が疲れているし、2ならあなたが返事に困るだけですよね。

 

一言で、しかも即レス、短文。

こういった回数稼ぎのようなLINEが続くと、最初はよくても、そのうちどっちかが消耗していきますよね。

 

どっちが『LINEしたがり』だとしても、基本的には『したくない人』にテンポを合わせるのがベター。

会話の盛り上がり具合にもよりますが、1通1通の間隔を少し開けるようにしたほうが、お互いの負担が少なくなり、結果的に自然な会話に繋がります。

 

無視する勇気

 

彼氏にあまり自覚がないと思うなら、いっそ無視するのも手段です。

優しいあなたは『うん』というLINEにも何か返さなきゃ、と考えてしまいがち。

 

でも、必死に返すと却ってデメリットの方が多かったりするものなんですね。

一言LINEが多い人には、実は『無視』が1番効果的だと、私は考えています。

 

なぜなら、

 

1・LINEしたくない彼氏なら『適度に終わるから重くない』と思われて好印象

2・LINEだけしたい彼氏は、『自分から話題を作る』という意識を持ってもらえる

 

からです。

 

無視することで、あなたが彼に歩み寄るか、彼があなたに少し必死になるか。

お互い折り合いがつきやすくなるのです。

 

『うん』しか言わなくても気にしない【結論】

ベッドで眠る女性

 

結論をまとめますと、『うん』とか『そっか』『たしかに』『それな』みたいな一言ラインはあまり気にしなくて良いと思います。

 

仮に彼氏が少し冷めた結果だとしても、それで必死にラインを繋げようとすると逆効果ですからね。

 

ラインばかりに夢中にならず、『会ったら話せばいっか~』くらいの気持ちでいないと、スマホ依存のようになってしまいますよ。

 

…って言う私も、たったいま友達から『うんw』に続けて『既読無視?』のスタンプが来ました。

これは、、、かまってちゃんタイプですね。無視です^^

 

こんな記事もどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


いますぐカレから連絡が来ます
LINEがくる裏ワザ
いますぐカレから連絡が来ます
LINEがくる裏ワザ