LINEブロックを解除する占い師

LINEもTwitterもブロック|SNS全滅からの復縁方法

暗く長いトンネル

 

喧嘩した彼氏や別れた元彼、「復縁」したいけど…

 

LINEもブロックTwitterもブロック、Facebookにアカウントはなく、SNSは全滅で着信も拒否。

そんな閉塞状況で、悲しい気持ちだけが巡っていませんか?

 

そのまま放っておけば、彼に忘れられてしまうかもしれません。

 

この記事は、LINEだけに止まらず、彼との連絡手段の全てがなくなっても復縁を諦めることができないあなたに送る内容になっています。

最後まで読めば、まだあなたにも出来る事があるっていうことがわかりますよ。

 

LINEもTwitterもブロック状態から復縁できた人っているの?

泣き崩れる女性

 

まず1番最初に気になること。

それは『SNS全滅状態からでも復縁できた人はいるのか』っていうことですよね。

 

他人と比べても仕方ないものではありますが、それでも1つの指標にはなります。

 

結論から言いますと、これは案外います。

 

完全拒否からでも復縁した人の声

 

Q・LINEブロックされました…もう完全に嫌われましたか?

 

A・そうとも言えないですよ。ブロックする理由も人それぞれだから、時間が経てば連絡が来たりします。

実際、僕は勢いでブロックしてしまうこともありますし。

Q・SNS全部ブロックで着信拒否されました。さすがに諦めた方がいいですか?

 

A・私も同じような状態でしたけど、ちゃんと会って仲直りしたらやり直せたのでまだわかんないです

Q・元彼と一切の連絡手段がありません…終わりですよね

 

A・とにかく時間が経つのを待って、それからじゃないかな?私の友達は気にしないふりして待ってたら連絡来るようになってましたよ

 

知恵袋や小町など、Q&Aサイトを覗けばこういった質問は多く、この他にも多くの『やり直せた』『解除された』という声が多くあります。

SNSブロックされたとしてもそれは一概に関係の終わりを意味してない事もあるんですね。

 

突発的な喧嘩なら復縁率が高い

 

傾向としては、急な喧嘩別れなどの感情的なブロックだったら復縁しやすいようです。

理由は言わずもがな、冷静になってくれれば解除されることも多いから。

 

●あなたの性格面に徐々に嫌気がさして別れてブロック

●頭に血が上って、その時の感情でブロック

 

どっちが解除されやすいかって言ったら後者ですよね。

 

ブロック頻度は人それぞれ

 

ブロック機能は気軽に使えるぶん、人によっては呼吸するようにブロックしてしまう人もいます。

 

私は本当に相手がしつこいとか、広告くらいにしかブロックは使わないタイプです。

あなたはどうですか?

 

中には『ちょっと気に入らないからブロック』『喧嘩してブロック』『タイプじゃないから』などなど…

本当に気軽にブロックする人っています。

 

喧嘩なんて良い例です。

 

あなたにとってはブロック=すごい嫌いという意思表示に思えるかもしれませんが、相手の方はそこまで気にしないでブロックしている可能性もあります。

逆に、そういった方はちょっとしたきっかけさえあれば解除したりもするんですね。

 

むしろ、普段はブロックを使わない人がブロックするようになったらそれは怖いかもしれません…

 

「嫌いだからブロック」はこちらの思い込みかも

喧嘩してブロック別れだったけど、そのままにしていたこともありました

 

別に嫌いとかじゃなくて、もう関わらないって思ってたから…

 

関連:TwitterもLINEもブロックされたけど、元彼と復縁できた

 

この体験談でもそうですが、ブロックする理由なんて人それぞれ。

嫌いだからブロックしているというワケではないこともあります。

 

●もう別れたから

●喧嘩してそのまま

●他に付き合ってる人がいて

●友達があなたを好きだから悪くて

●通知を見ると思いだしてしまって辛いから

 

特に、別れた相手をブロックするしないというのは人によって様々。

『別れたんだから』と無条件にブロックするひともいます。

 

ブロックとは、『嫌い』という意思表示ではありません。

あなたとの関係を遮断する方法です。

 

とっても似ていますが、その根本にある理由がぜんぜん違いますよね。

 

会えれば仲直りすることもある

偶然会って、話したら打ち解けてそこからやり直せました

 

現代では、LINEなどのSNSだけで人の気持ちを判断してしまいがちな風潮があります。

でも、それってどうなんでしょうか?

 

確かにブロックや未読無視、既読無視は良い状態ではありません。

しかし、その裏には人それぞれの事情もありますし、どんな理由でブロックしているかなんてその人にしかわかりません。

 

いくら便利なツールだとしても、直接のコミュニケーションはまた別の話。

『会ってみたらけろっとしていた』なんて話は多いもので、私はブロックと実際の人の気持ちは温度差があるものだと思っています。

 

LINEもTwitterもSNS全てがブロックされてる状態からの復縁方法

ソファーに座るカップル

 

だからこそ、行動することが大切。

『ブロックされた~…』

ただそれだけの理由で諦めていれば、彼は本当にどんどん手の届かない人になります。

 

どうせ完全拒否されているなら、ダメ元です。

 

次は、LINEもTwitterもブロックされている状態からでも復縁するための方法を続けてご紹介します。

 

まずは時間を空けよう|すぐに追わないこと

 

ありきたりな話ですが、やっぱり冷却期間は必要。

ブロックされたからといって、すぐに他の方法でコンタクトを取るのはやめましょう。

逃げられるのがオチです。

 

『じゃあどのくらい待てばいいの?』

そんな声が聞こえてきそうですね。

 

人にもよりますが、あえて目安を出すなら以下の通りかなと思います。

 

●喧嘩別れ→1ヶ月

●それ以外→3ヶ月

 

突発的な喧嘩だったら、1ヶ月も経過して怒っている人はいません。冷静になっているでしょう。

それ以外の場合。つまり普通に別れた彼だったら、冷却期間は3ヶ月が目安とされています。

 

どうせSNSは全滅です。

どうにか連絡したくなる気持ちをグッと堪えて、まずはお互いが落ち着くまで待ちましょう。

 

友達づてに連絡してもらう

 

もしもある程度の期間を置いたとします。

でも、勝手にブロック解除してくれないパターンの方が多いですよね。

 

じゃあどうするかと言いますと、やはり第三者に彼とコンタクトを取ってもらうのが王道。

というより、それしかありませんよね。

 

もちろんですが、『連絡してよ!』という態度ではNG

人は命令されると応じたくなくなるものです。

 

そうではなく、友達に『〇〇(あなた)が連絡して欲しいって言ってたよー』くらいの調子で伝えてもらうのがベスト。

それ以上強く迫っても余計に嫌われてしまいます。

 

手紙を出す

 

もしも友達づてにあなたの存在をアピールしても彼が動かない。

そんな時は、手紙も有効です。

 

彼の自宅住所を知っていればですが、手書きのメッセージを送れば彼の気持ちも変わるかもしれません。

やれることは全てやりましょう。

 

縁結びしてもらう

 

『手紙なんか出したらストーカーみたいで嫌だ…』

『共通の知り合いなんていないよ…』

 

確かにそんな状況も少なくないですよね。

TwitterもLINEもブロックされている状態では、軽々しく行動することでさらに関係が悪化する可能性もあります。

 

出来れば自然に元彼にコンタクトをとれるのが理想でしょう。

 

●本当に連絡手段が1つもない

●それでも元彼が忘れられない

●せめて一言伝えたい

 

そんな場合、叉紗先生に縁結びしてもらうのも良さそうです。

人気の占い師、今は使っている人も多いみたいですね。

 

実際に同じような状況で縁結びを行った方がいます。

こちらの体験談をご覧下さい。

関連:TwitterもLINEもブロックされたけど、元彼と復縁できた|体験談

 

LINEもTwitterもブロックでも諦めない!復縁はできます

NEVERGive up

 

世間一般に、ブロックされたら終わりという認識。

でも、私はそれって違うと思うのです。

 

『諦めたらそこで試合終了』

有名なセリフですが、まさにその通り。

 

世の中には、粘り続ける事で叶った恋、結構ありますよ。

 

諦めてしまうのは、いつだってブロックされた側です。

 

指をくわえてSNSを眺めていても、彼の気持ちは変わりません。

当たって砕けろの精神で行動すれば、まだチャンスはあります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


いますぐカレから連絡が来ます
LINEがくる裏ワザ
いますぐカレから連絡が来ます
LINEがくる裏ワザ